kagoshima University art department
鹿児島大学教育学部美術科
学科案内 教員紹介 ゼミナール 学生生活 作品集

美術はコミュニケーション
写真1  ものをつくるということは自分を語ることであり、鑑賞するということは、つくった人の声を聞き取ることなのです。つまり、人と人とのコミュニケーションこそが美術の基本なのです。 美術専修は、絵画、彫塑、デザイン、工芸、美術理論及び美術史、美術教育学の6つの系列をもち、美術を通した人間形成を目指しています。

科目・カリキュラム

 1、2年次には主に共通教育科目を履修し、初等教育コース、中等教育コースに分かれます。2年後期には研究室の室分けを行い、それぞれの系列において知識や技術を深めていきます。3年次ではさらに専門的な研究を深め、4年生では卒業制作、あるいは論文をまとめていきます。


<美術科共通科目>

 表現基礎Ⅰ・Ⅱ

 入門美術・教育論

<絵画>

 美術科指導法Ⅰ

 素描Ⅰ

 油彩Ⅰ〜Ⅳ

 絵画制作研究

 日本画

 版画

 絵画技法論  

<彫塑>

 美術科指導法Ⅱ

 彫塑Ⅰ~Ⅳ

 彫塑制作研究

 彫塑技法論

 木彫

 石彫

 彫刻鋳造

<デザイン>

 美術科指導法Ⅲ

 構成演習Ⅰ・Ⅱ

 視覚伝達デザイン

 プロダクトデザイン

 デザイン制作研究  

 デザイン発想演習

 デザイン教育概説

 コンピュータグラフィックス

 デザイン特別研究  

<工芸>

 窯芸Ⅰ~Ⅳ

 工芸制作研究  

 窯芸技法論

 美術科指導法Ⅴ

 工芸教育演習Ⅰ・Ⅱ

 金属工芸  

 木材工芸  

 染色工芸

<美術理論及び美術史>

 美術科指導法Ⅳ

 日本美術史概説

 西洋美術史概説

 やまと絵論

 アジア美術論

 芸術学特講

 芸術学研究  

<美術教育学>

 美術教育学概説Ⅰ・Ⅱ

 美術教育授業論

 美術教育学研究Ⅰ・Ⅱ

 幼児の造形

 美術教育学特講A・B

 美術教育学外研究Ⅰ・Ⅱ

<その他>

 美術文化論  





Copyright © 2011, Kagoshima University , Department of ART Education . All rights reserved.