ホーム>研究部>研究の概要

研究の概要

研究主題

子どもの学びから始めるカリキュラム開発Ⅱ
-計画・実施・評価・改善のプロセスを効果的且つ効率的につなぐ授業研究の在り方-

研究の概要

本校では,これまでの実践研究を通して,児童生徒が豊かに学ぶ授業を実施するためには,授業における児童生徒の学びの姿に基づいて授業研究を行い,日々,授業改善を図ることが大切であることを確認してきました。そこで,これまでの取組を発展させ,授業における児童生徒の学びの姿を日々の授業改善だけでなく,教育課程の評価・改善に生かし,計画(P)-授業実施(D)-評価・改善(C・A)の一連の過程を充実させることで,更に児童生徒の豊かな学びを育むことができると考え,平成25年度から「子どもの学びから始めるカリキュラム開発」というテーマの下,6年間の研究期間で実践研究に取り組んでいます。

第Ⅰ期(平成25年度から平成26年度)の実践を通して,学校全体で児童生徒に育てたい力等を検討及び共通理解することや学部を中心とした複数の教師で単元(題材)指導計画を検討すること,授業研究会で授業における児童生徒の学びの姿を「学びの背景」,「学びのつながり,「学びの広がり」の三つの視点で分析することの有効性が示唆されました。一方で,児童生徒に育てたい力等を導き出す手続きや授業との関連の図り方,効果的且つ効率的な授業研究の在り方,カリキュラムのPDCAサイクルの効率的な連動の在り方について課題が残りました。

そこで,第Ⅱ期では,本校の児童生徒に育てたい力等について再整理するとともに,それらの力を日々の授業を通してより効果的に育んだり,より効率的に指導計画の作成・検討や評価を行ったりする授業研究の在り方について実践を通して検討を重ねています。

また,これらのことに取り組むことは,今日,中央教育審議会で審議が行われている次期学習指導要領改訂に向けた動向(児童生徒が新しい時代を生きる上で必要な資質・能力を確実に育んでいくことや,そのための教育課程の編成,実施,評価,改善の一連のカリキュラム・マネジメントの充実)との関連も強く,意義あるものであると考えています。

カリキュラムマネージメント

具体的な取組

(1) 本校の児童生徒に育てたい資質・能力の整理と,それを育むための授業づくり

教育課程の評価・改善を行うためには,本校ではどのような児童生徒を育てたいのか現在の教育課程等に基づいて整理する必要があると考えました。そこで,本校の学校教育目標や教員へのアンケート,教育に関する時代の動向などを踏まえて,①基礎・基本,②主体性,③思考・判断・表現,④人間関係の四つを「本校の児童生徒に育てたい資質・能力(以下,資質・能力)」として整理しました。そして,資質・能力を,授業を通して育むことができるように,単元(題材)指導計画の書式を改め,各教科等における知識や技能に関する内容(主に上記①に関すること)と汎用的能力に関する内容(主に上記②~④)の双方を意識して,単元や題材の計画を立て,授業に生かすことができるようにしています。

(2) 日常的に授業改善や単元(題材)指導計画の評価・改善を行うための授業研究の実施

昨年度は国語科の授業を対象に,同じ授業を担当する教師同士で,20分間を目安に行う授業研究(以下,授業ミーティング)を,授業を行うたびに実施しました。本年度は,対象とする教科として,昨年度取り組んできた国語科の授業に算数・数学科の授業を加えるとともに,授業研究の取組についても,本校でこれまで取り組んできた授業研究の知見を生かし,目的に応じて様々な授業研究のスタイルを組み合わせて,日常的に児童生徒の学びの姿を基に,日々の授業改善や単元(題材)指導計画の評価・改善に取り組んでいます。

カリキュラムマネージメント
このページの先頭に戻る