ホーム>学校紹介>学校経営

学校経営

学校経営の基盤

児童生徒の思いや保護者,教師の願いを基に,時代のニーズを踏まえながら公教育の一端を担うとともに,国立大学法人鹿児島大学教育学部附属学校としての使命の達成に努める。

  1. 大学との密接な連携を図りながら,一人一人の障害特性等に応じた,きめ細やかで丁寧な実践研究を推進する。
  2. 教育実習校として,将来特別支援教育等に携わる学生の指導に当たり,児童生徒を愛し誇りと情熱をもった優れた人材の育成を図る。
  3. 家庭や地域,特別支援学校や保育所,幼稚園,小・中・高等学校及び関係機関との連携・協働を推進し,センター的機能を充実することで特別支援教育の進展に努める。

教育目標

自分のもつ能力や可能性を最大限に伸ばし,共に生きる力を身に付け,家庭生活や社会生活を可能な限り自立的に営み,社会参加できる人間性豊かな児童生徒を育成する。

めざす子ども像 明るく,なかよく,がんばる児童生徒

【具体目標】

  1. 自分の生命を大切にし,健康で安全な生活を送ろうとする児童生徒を育てる。
  2. 生きる力の基礎・基本となる知識・技能を身に付けた児童生徒を育てる。
  3. 自ら考え判断し,主体的に自分の思いを表現し,行動できる児童生徒を育てる。
  4. 思いやりや感動する心,社会性等を身に付け,すこやかな心と体をもつ児童生徒を育てる。
  5. 自分のよさを精一杯生かし,可能性や個性をよりよく伸ばそうとする児童生徒を育てる。

経営方針

  1. 児童生徒の尊い生命を守り育み,人権を尊重することを第一とし,愛情と厳しさをもって教育に当たり,教育目標の達成に努める。
  2. 公教育の基盤に立ち,人間教育の重要性と教育職員としての責任と礼節を自覚し,信頼と協力の下に,障害のある児童生徒の教育に全力を尽くす。
  3. 大学・学部と一体となって教育研究,教育実習を円滑に推進するとともに,附属学校としての特別支援教育のセンター的機能を充実する。
  4. 学部間の協力態勢を確立し,一貫した教育を行うとともに,家庭やPTA,関係諸機関等との連携の機能化・活性化に努め,教育効果を高める。
  5. 清新の気に満ちあふれ,健康で和やかな雰囲気が漂う学校づくりを目指し,職員一人一人が協働して学校運営に参画するとともに,効率的な業務遂行に努める。
  6. 時代のニーズを的確にとらえ,教育課程編成や指導法改善に当たり,高い専門性を基に,適時性のある先進的な実践を追求する。

本年度の努力点

めざす学校像
  1. 一人一人の教育的ニーズを的確に把握し,適切な指導や必要な支援を充実する。
    1. (1)個別の教育支援計画及び個別の指導計画のPDCAサイクルを充実し,小・中・高一貫した教育を具現化するとともに,保護者や関係者との相互理解を深める。
    2. (2)大学・学部と連携し,教育課程の在り方を研究するとともに,全体計画や年間指導計画を深化・発展させる。
  2. 児童生徒の健康や校内外の安全を確保し,安全指導や生徒指導,保健指導を充実する。
    1. (1)児童生徒の生命を守り育む視点に立ち,一人一人の実態に応じた安全指導や生徒指導,保健指導を徹底する。
    2. (2)危機管理マニュアルを基に,事故や災害等に関する報告・連絡・相談・確認システムを徹底し,児童生徒の生命・健康を守るための迅速できめ細かな対応を行う。
  3. 附属学校の役割や機能を生かし大学との共同研究を深め,専門性や資質の向上を図る。
    1. (1)大学・学部の特別支援教育,教科教育等の教員との共同研究や県内外の特別支援教育関係者と連携した研究を推進するとともに,研究推進の効率化を図る。
    2. (2)教師一人一人が個々の研究テーマを明確化し,専門性を深めるとともに,教員相互の資質を高めようとする協働態勢を整える。
  4. 力量のある教員を養成するため,大学・学部と連携して教育実習の一層の充実を図る。
    1. (1)大学の教員養成カリキュラムの開発と連動しながら,実習生指導の重点を整理し,授業づくりや児童生徒への指導に関する実践力の養成に努める。
    2. (2)教育実習時期の変更に適切に対応するとともに,介護等体験,高等学校免許取得者の実習等の企画・運営を,引き続き全校態勢で進める。
  5. 児童生徒・保護者・地域と共にあり,責任を果たす開かれた学校の創造をめざす。
    1. (1)児童生徒の学習環境の向上と附属学校としての責任を果たすため,施設設備,情報機器,教材・教具等の整備・充実を図る。
    2. (2)定期的な学校参観日や学校見学会,体験学習など学校の機能を広く発信する機会を設定するとともに,児童生徒の余暇活動の充実に向け積極的な支援を行う。
  6. 教育相談等の支援体制の充実を図り,センター的機能を果たすための支援を継続する。
    1. (1)幼稚園,保育所,小・中・高等学校在籍の特別な教育的支援を必要とする幼児児童生徒のニーズに応じた支援を行うとともに,就学前教育相談の充実を図る。
    2. (2)附属学校園特別支援教育推進研究協議会の一層の機能化を図るとともに,大学や保健管理センター等との連携を更に深める。
  7. 社会や時代のニーズに応える学校としての責任を果たす。
    1. (1)時代の要請等を踏まえた研究を深化し,本校ならではの実践研究の成果を,公開研究会で県内外の特別支援教育関係者へ発信する。
    2. (2)インクルーシブ社会の実現へ向け,合理的配慮等の具体化など,本校の使命や責任を検討しながら実践研究の充実を図る。
このページの先頭に戻る